水洗トイレの水が止まらない

DIY住まいの修理・リフォーム >> 水洗トイレの水が止まらない

「水洗トイレの水が止まらない」時のトラブル修理方法です。「水が止まらない」とは、トイレのレバーを回した後、いつまでたっても便器内に流れる水が止まらないトラブルや、トイレのレバーを回さなくてもちょろちょろと便器内に流れる水が止まらないトラブルの事です。よく起こるトラブルの原因として、節水の為ペットボトルをトイレタンク内に入れたり、便器洗浄剤をトイレタンク内に入れたりして、その物が引っかかって水が止まらないなどのトラブルを起こすことがあります。それらの物がある場合はまず取り除きましょう。修理が必要な「水洗トイレの水が止まらないトラブル」を自分で修理する方法を紹介しています。

オーバーフローしていない場合

Aのフロート弁を、確認します。まず止水栓を閉じ、フロート弁が外れといないか、排水口とフロート弁間にごみが詰まっていないか、フロート弁が劣化していないか確認し、修理又は取替えます。

トイレタンク内に水がない場合

Bの浮玉が引っかかっていないか、確認します。引っかかっている場合は、浮玉の支持棒を手で少し曲げます。
Cのボールタップが正常に動作しているか確認します。タンク内の水を排水し、手で浮玉を止まる位置まで持ち上げます。それでも、ボールタップから、水が出てくるようでしたら、トイレボールタップの修理・交換等の修理が必要です。

水洗トイレの水が止まらない修理の注意点

以上の方法で水洗トイレの水が止まらない時のトラブルを修理することができます
尚、修理を行なう際の注意点として、トイレタンクの上蓋は陶器製ですので見た目以上に重たく、狭い場所についているので持ちにくく落としたりすると割れやすいので注意してください。また、節水のためにペットボトルを沈めるのは、トイレの水が止まらないトラブルだけでなく、トイレの水を流す水圧を下げてしまうことになり、つまりの原因にもなります。そのような方は節水しながら、トラブルを起さない水道代節約グッズなどを検討してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP