壁紙(クロス)を自分で張替える方法

DIY住まいの修理・リフォーム >> 壁紙(クロス)を自分で張替える方法

じょうずに壁紙(クロス)を張替えるコツ

  • カッターの刃はこまめに折る(のりが付くと切れが悪くなります)
  • 壁紙(クロス)が曲がってしまったら、まっすぐに貼り直す(のりが乾燥するまでは、貼り直しすることが出来ます)
  • 壁紙(クロス)の押さえ込みはしっかりと行う
  • カッターの刃は寝かせて使うと壁紙(クロス)の切れが良い

壁紙(クロス)の張替え方

1枚目の壁紙

まず1枚目の壁紙(クロス)を貼ります。上側2cmくらい残し、垂直になるように貼ります。その後、なでバケで壁紙中央から外側へ空気を押し出します。のりはすぐに乾かないので失敗してもはがして貼りなおしが出来ます。

上下を際をカット

上下を際でカットします
まず竹べらで際まで押さえ込み、押さえベラをあてカッターで余分な壁紙(クロス)をカットします。また、壁面にコンセントやスイッチがある場合は切り込みを入れておきます。

2枚目の壁紙(クロス)

2枚目の壁紙(クロス)を貼る
1枚目と2枚目が3cmぐらい重なり合うように貼り付けます。そしてなでバケで空気を追い出し、上下際でカットします。

重なり部分

1枚目と2枚目の重なり部分中央を上から定規を当て2枚いっしょにカットします。カットしてはみ出した余分な壁紙(クロス)A,Bをはがします。

継ぎ目部分

継ぎ目部分にローラーをかけます。
ここまでの作業を繰り返すことで壁紙(クロス)を貼ることができます。

コーナー部分

コーナー部分の貼り方
まず、大きい面積側1の壁面を貼ります。なでバケで1部分の空気を抜いた後、2の壁紙を壁から浮かす様な感じで持ち、コーナー部分を竹ベラで押さえ込みます。無理をすると壁紙(クロス)が破れてしまうので注意してください。そして2部分を貼り、上下際をカットします。

窓枠付近

窓枠付近の貼り方
まず、窓枠の上の部分(矢印の位置)まで壁紙(クロス)を貼り付けます。窓枠の上部分を竹べらで押さえ込み、窓枠上部に押さえベラをあてカッターで壁紙(クロス)をカットします。もし隙間が開いてしまった場合は、壁紙(クロス)全体を下にずらすようにして、窓枠上部に隙間がないように移動します。次に矢印下から窓枠下部分までの壁紙(クロス)を貼り付け、同様に窓枠横部分をカットします。そして窓枠下壁紙(クロス)を貼り付け、窓枠下部分をカットし上下際をカットします。
同様の方法で、エアコンの廻りなども貼ることができます。

仕上げ

全体的に張替えが終了すると、のりが付いてしまった箇所を水ぶきします。
上下の際や、窓枠などの境目部分に、ジョイントコーキングをチューブの先を細く切り、押さえもってスライドさせながら塗ります。また、隙間が出来てしまった場合もジョイントコーキングで隠します。ただし、油性のニスなどが塗っている部分には使用しないでください。
エアーが残っている箇所があれば、その部分を少しだけカッターを入れ、ローラーでエアーを抜くように当てます。

壁紙(クロス)を上手に張替える注意点

以上の方法で、壁紙(クロス)を張替えることができます。クロスのリフォームを行なう際の注意点として、張替えの場合は、張替える前の壁紙(クロス)の継ぎ目を覚えておくと良いでしょう。又、壁紙(クロス)の貼りはじめの位置は部屋の角に付き合わせるような事はしないでください。部屋の角に継ぎ目が出来てしまうと、壁紙(クロス)がはがれ易いです。張替え以外の方も、一度クロスの貼っている部屋をじっくり見て、どういったところで継ぎ目を入れているのか、よく観察すれば上手に貼ることが出来ると思います。

関連ページ

Copyright (C) 壁紙(クロス)を自分で張替える方法 , All rights reserved.