ドアチェックの交換

DIY住まいの修理・リフォーム >> ドアチェックの交換

このページでは玄関扉のドアチェックを自分で交換する方法を紹介しています。ドアチェックの調整をしても、開閉速度に難がある場合、それはもうドアチェックの寿命です。新品に交換しましょう。
ドアチェックを取り替える際は、同じメーカーで、同じ型番のドアチェックを購入したほうが、簡単に取替えできます。取り付けネジの位置・サイズが違うと穴を開けなおさなければなりません。特に金属製の扉の場合は、ネジ穴作りまで、必要となってきます。ドリルやタップといった道具が必要になってきます。また、ドアチェックはドアの重さによって、サイズが違います。
以下よりドアチェックを自分で交換する方法を紹介します。

ドアチェックの交換方法

まず、Aのネジを取りはずし、アーム上下のつなぎを外します。次にBのネジを外し、部品を取り外します。続いてCのネジを取りはずし、部品を取り外します。

新しく取り付ける、ドアチェック本体部分を取り付けます。穴あけが必要な場合は取り付け位置を十分に確認して行なって下さい。

次に、扉枠にブランケット部分を取り付け、ストッパー部およびアーム部を取り付けます。尚、ストッパー部はドアが開になった状態で、停止したい位置を決めストッパーの溝にアームDの玉が入り込むように、位置決めします。またアームDの玉の力の調整は、Dのネジ部分からドライバーで調整出来ます。そしてアームE部分で、アームの長さを調整します。

A部分を組み、完了です。

ドアチェックの交換の注意点

以上の方法でドアチェックを自分で交換することができます
尚、交換を行なう際の注意点として、ドアチェックのアーム長さの調整は、正確に行なってください。不揃いになりますと、ドアチェック及びブランケットにむりな力がかかり、故障の原因になります。


ドアチェック


穴あけが必要な場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP