自分でエアコンクリーニングをする方法

DIY住まいの修理・リフォーム >> 自分でエアコンクリーニングをする方法

自分でエアコンクリーニングをする方法とは?

自分でするエアコンクリーニング

自分でするエアコンクリーニングと言えば、ほとんどの方が市販のエアコン洗浄スプレーなどで、エアコンクリーニングを行なうのが一般的ですが、その方法ではエアコン全面のアルミで出来たギザギザの箇所(熱交換器)はきれいになったように見えますが、内部に溜まったほこりやカビはほとんど取る事ができません。ここで紹介するエアコンクリーニングはプロが行なっているような高圧洗浄方式のエアコンクリーニングをお金をかけずに自分で行なう方法を紹介します。

エアコンクリーニングの必要性

エアコンからの嫌な臭いの原因は、ほとんどカビが原因です。エアコンクリーニングで洗い落としましょう。又、エアコンの熱交換器にほこり等が付着すると冷気を作る効率が悪くなり、余分な電気代がかかってしまいます。

エアコンクリーニングに必要な道具

通販などで、下のようなエアコン洗浄セットというものが売られています。しかし、こんな高価な道具を購入するならエアコンクリーニング業者に頼んだ方が安くつきます。

そこで、洗浄セットと洗浄機の代わりになるものを自分で作って見ましょう。ご家庭にあるものを流用すると、かなり安価に出来てしまいます。又、簡単に作る事ができます。
例として下のようなものを揃えましょう。

  • 耐圧ホース
  • ジェットノズル
  • ホースジョイント元口
  • ポリマスカー
  • プランター
  • ニップル
  • ユニオンナット
  • パッキン

耐圧ホース、ジェットノズル、ホースジョイント元口は洗浄機代わりに使います。洗車やガーデニングで使っているもので十分です。室内で水を使う事になりますので、ホースの継ぎ目などから、漏れないことが条件です。また、ホースの長さは水道栓からエアコンまで届くだけの長さが必要です。

ポリマスカー550m幅、ビニールシートはエアコンクリーニングの際、洗浄水が飛び散らないように養生(ようじょう)します。ポリマスカーは必須です。

プランター角型65cm程度 (底抜きなし。サイドより水抜き穴有りのタイプ)、ニップル、ユニオンナット、パッキン、ホースバンド、ホース2m、S字フック2本、紐、テープ、バケツなどを使ってエアコンクリーニングの洗浄排水を受け止める道具を作ります。

エアコンクリーニングの道具を作る

図のような道具を作ります。エアコン洗浄排水が下に漏れずにプランターからバケツへ移動するような道具(ドレーン受け)を作ります。

プランターの排水穴にホースをつなげれるように、ユニオンナットを取り付けます。ゴムパッキンをニップルがぎりぎり通るように切り、内側からニップル-ゴムパッキン、外側にユニオンナットを組み水が漏れないように締め付けます(左下図)。排水穴が小さい場合は少し削って下さい。(余り大きく開けすぎないように注意してください。)

ご家庭にあるもので、ドレーン受けを作れそうなものがありましたら、何でも利用してください。

自分でエアコンクリーニングをする方法

エアコンの下の床にビニールシートを敷きます。
そして、エアコンのカバーを外します。カバーはエアコンの吹きだし口あたりに、ネジがあります。(ネジはネジカバーで隠れています)
ネジを外し、カバーを下から上に持ち上げるようにして取りはずします。

ポリマスカーを使い、エアコンを養生します。まず電気の部品がある箇所をポリマスカーで隠します。その次にエアコンの下部分の隙間にいくらかポリマスカーが入るように養生します。
(注)ポリマスカーはテープつきのビニールシートです。

テープを貼る箇所にほこりなどがついていると、テープの接着力が弱くなります。

エアコンの周りをぐるっと一周するように、ポリマスカーで養生します。

作成した、洗浄排水を受け止める桶をエアコンに引掛け、洗浄排水がポリマスカーを伝って桶に入るようにセットします。尚ポリマスカーの一番上部分は天井にテープで貼り付けます。又ホースの先にバケツをセットします。

セットが出来ると、いよいよエアコンクリーニングです。洗剤をエアコン全面のアルミのフィン及び風の吹きだし口から中に向かってスプレーします。このとき使う洗剤は住居用の洗剤(マジックリンなど)が良いです。後は洗剤をスプレーした箇所を勢いよく、水洗いします。

(注) 電気部分には水をかけないで下さい。又、アルミフィンに垂直に水をかけてください。横から水を当てると、アルミフィンが倒れてしまいます。

エアコンから、汚れた水が出てきます。きれいになりましたら、次は台所用の塩素系漂白剤を使って殺菌します。洗剤と同じようにスプレーし、10分ぐらい放置しておきます。(この間にカバーを洗うと良いでしょう)。その後再び水洗いして終了です。カバーはよく乾かしてから取り付けましょう。

洗剤の成分で苛性ソーダ(水酸化ナトリウム、NaOH)が入っていないものを使用して下さい。カビキラーのようなものは入っています。苛性ソーダはアルミを腐食させます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP