クッションフロアの貼り方を紹介しています。

DIY住まいの修理・リフォーム >> クッションフロアの貼り方

カーペットをフローリングに貼り替えたいけど費用がかかるし・・・。なんて時やフローリングの床に染みなどが出来てしまい、簡単にリフォームしたいなんて時は、クッションフロアを貼る事をおすすめします。防水性と防音性を備えたクッションフロアならコツさえつかめば、かなり簡単に敷き詰めることが出来ます。
このホームページでは、クッションフロアの貼り方を説明しています。

クッションフロアの貼る箇所の下地調査をします。

下地が木質なのかコンクリートなのか、下地を剥がす場合は高低さが出来ないかどうかを調べます。
グリッパー工法で施工されているカーペットや畳を剥がした後にクッションフロアを敷き詰める場合は、高さ調整が必要になってくることがあります。コンパネを敷き詰めて、高さ調整をしましょう。又、下地がコンクリートの場合も、コンパネを敷き詰めて両面テープがくっつくようにします。

クッションフロアの貼り方

両面テープを貼る
まずは、部屋の周囲に両面テープを貼ります。そしてクッションフロアを敷き詰めると考えて、クッションフロアの中央くらいの位置に両面テープを貼ります。この時はまだ、剥離紙を剥がさないで下さい。尚、継ぎ目は重ね切りするので、カットした後で継ぎ目テープを貼ります。

1枚目のクッションフロアの貼り方
少しだけ部屋の長さより大きめにカットした1枚目のクッションフロアを壁際に沿って仮置きをします。
壁とクッションフロアが平行でなかったり、途中で凹凸がある場合は、幅定規を使い正確に線出しをしてカッターでカットします。壁際にピッタリと納めることが出来たら、ずれないように中央テープの剥離紙を剥がして固定します。

2枚目以降のクッションフロアの貼り方
2枚目、3枚目と少しだけ部屋の長さより大きめにカットしたクッションフロアを少しだけ重なり合わせるように配置し、ずれないようにして中央テープで固定します。
そして、クッションフロアが重なり合った部分を真っ直ぐにカットします。その後、カットした箇所に継ぎ目テープを貼り付けます。
最後のクッションフロアは、1枚目と同じように壁際部分を幅定規を使って正確にカットしピタリと合わせ、中央テープで固定し、クッションフロアが重なり合った部分を真っ直ぐにカットします。そして、カットした箇所に継ぎ目テープを貼り付けます。

クッションフロアの余分な部分をカットする
部屋の周囲の両面テープの剥離紙を剥がし、クッションフロアの端部分や柱などの出っ張り部分を、金ベラを押し当ててカットします。このとき、押さえベラはグッと力強く押し付け、しっかりと角を出してやることがコツです。
尚、押さえが効かない大きな柱などがある場合は、角部分に少しずつ切り込みを入れながら角を出し押さえベラでしっかりと押さえ込んでカットします。

仕上げ

クッションフロアの継ぎ目部分にシームシーラーを塗り、乾燥すれば完成です。さらに、フロア用のワックスを塗れば完璧です。

クッションフロアをきれいに貼る注意点

以上の方法で、クッションフロアをきれいに貼ることができます。クッションフロアのリフォームを行なう際の注意点として、とにかく隅をしっかりと押さえてカットすることです。又、貼り替えの場合は、剥がしたクッションフロアで新しいクッションフロアの型取りをしてもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP