障子紙の張替え(のり貼り)、障子紙の張替え(アイロン貼り)

DIY住まいの修理・リフォーム >> 障子紙の張替え方法

このページでは障子紙を自分で張替える方法を紹介しています。汚れや、日焼けなどで変色した障子紙は、見た目にも悪く、部屋を暗い印象にしてしまいます。障子紙の張替えは意外と簡単に自分ですることができますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。尚、障子紙の張り替え方法には、障子紙をのりで貼るタイプとアイロンで貼るタイプがあります。アイロン障子紙は手頃で良いのですが、次回の障子紙の張替えに苦労します。といいますのは、熱で溶けたのりを取らないと上からくっ付いてくれず、こののりがなかなか取れなくなるのです。という理由で、障子紙の張替えはのり貼りタイプをお勧めします。

障子紙の張替え(のり貼り)

古い障子紙をはがします。障子裏側桟の部分にのりばけで水をぬり、障子紙をはがします。はがした後、きれいにふき取り、乾燥させます。障子本体が敷居から外れない場合は、襖(ふすま)と障子の修理を参照してください。

障子紙を張る面を上向きに置き、障子紙の一端をテープなどで、障子紙と障子が平行になるように固定します。

障子のりを水で溶き、桟全体にのりを塗っていきます。塗り残しがないように注意してください。

障子紙を転がして、貼り付けます。隅まで行けば、桟を軽く押さえ、接着させます。

のりが乾燥すれば、障子紙のはみ出した部分をカットし、完成です。

障子紙の張替え(アイロン貼り)

古い障子紙をはがします。障子裏側桟の部分にのりばけで水をぬり、障子紙をはがします。はがした後、きれいにふき取り、乾燥させます。

障子紙を張る面を上向きに置き、障子紙の一端をテープなどで、障子紙と障子が平行になるように固定します。

障子紙がたるまないようにのばし、テープ止めと反対側の隅を、アイロンで仮止めします。

桟の中央から順番にアイロンで接着させていきます。

桟が終われば、枠の部分をアイロンで接着させます。仮止めテープの部分を接着させる時は、先にテープを取ります。

全体が接着すれば、障子紙のはみ出した部分をカットし、完成です。

障子紙の張替えの注意点

以上の方法で障子紙の張替えを自分ですることができます
尚、障子紙の張替えを行なう際の注意点として、のり貼りの場合、のりが乾燥するまでの間、障子紙が伸びているため、でこぼこしたように見えます。この状態のときにむりに伸ばそうと障子紙をひっぱたりすると、ちぎれてしまいます。このでこぼこは、障子紙が乾燥するとピンと張りますので心配しなくても大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP