トイレの詰まり修理・中級編

DIY住まいの修理・リフォーム >> トイレの詰まり修理・中級編

トイレの詰まりを自分で修理する方法を紹介しています。ここで紹介するトイレの詰まりを修理する方法は、トイレ用ワイヤークリーナーを使って詰まりを修理する方法です。このトイレの詰まりを修理する方法は、水に溶けない柔らかいもの(雑巾やハンカチなど)を誤ってトイレに落としてしまい、詰まりの原因となっている場合に有効です。
トイレの詰まりが起こってしまった場合は、トイレの水を流さずに詰まりの原因を取り除く事が必要です。トイレの詰まりが起こってしまった場合、トイレの水を流せば流すほど、詰まりの原因は奥の方へと、入って行きます。奥の方で詰まれば、それだけ詰まりを取り除くことが困難となりますので注意してください。

ワイヤークリーナーで詰まりを修理する

便器の水を抜く

トイレ便器内の水を石油ポンプを使って、全部抜き取ります。

便器内の詰まりを見る

鏡を使い、トイレ便器内に詰まりがあるかどうか見ます。その際、懐中電灯で鏡を照らしてやると見えやすくなります。詰まりが鏡で見えない位置にある場合、ワイヤークリーナーで詰まりを取り除くのはかなりのテクニックが要ります。
詰まりが見えない場合はトイレの詰まり修理上級編へ。

トイレの詰まり修理のイラスト

トイレの詰まりが見えている場合、トイレ用ワイヤークリーナーを突っ込み、詰まりを修理します。ハンドルをまわしながらワイヤーを送っていくのがこつです。ワイヤーが詰まりに当たり送りこみが重くなるとワイヤーを回転させ詰まりを引掛けます。逆回転させたり、押したり引いたりします。ワイヤーの先に詰まりが引っかかった様でしたら、ワイヤーを抜き取り、詰まりを取り除いてください。
注、トイレ便器に傷がつく恐れがありますので、便器底面に雑巾などを敷き、傷を予防しましょう。

トイレの詰まり修理の注意点

以上の方法でトイレの詰まりを修理することができます
尚、詰まり修理を行なう際の注意点として、むやみにトイレの水を流さないことです。溢れてしまったら大変な事になってしまいます。又トイレ便器内に水が溜まった状態で詰まり修理のワイヤーを突っ込み、ぐりぐりと回せば水が飛び散る恐れがありますので注意してください。又、無理にワイヤーを奥のほうまで突っ込みますと、ワイヤーが抜けなくなる恐れもあります。トイレの詰まりを修理しようとして余計なものを詰まらせたといった風にならないように気をつけて下さい。
この方法でトイレの詰まりの修理が出来ない場合はトイレの詰まり修理上級編へどうぞ。

関連ページ

Copyright (C) トイレの詰まり修理・中級編 , All rights reserved.