トイレのつまり修理・初級編

DIY住まいの修理・リフォーム >> トイレのつまり修理・初級編

トイレのつまりを自分で修理する方法を紹介しています。ここで紹介するトイレのつまりを修理する方法は、吸引器を使って修理する方法を紹介しています。この方法でトイレのつまりを修理するには、主に紙などが原因のものに有効です。
ティッシュペーパーや生理用品などは紙製品であっても、トイレットペーパーのように水に溶けにくい為、トイレに流すとつまりの原因になります。紙製品などが原因でつまりが起こった場合すぐに修理をするよりも、少々時間をおき、紙をふやかしたほうが修理が楽に済む場合があります。
又、トイレのつまりが起こってしまった場合は、トイレの水を流さずに原因を取り除く事が必要です。トイレのつまりは、水を流せば流すほど、つまりの原因は奥の方へと、入って行きます。奥の方でつまれば、それだけ取り除くことが困難となりますので注意してください。

吸引カップでつまりを修理する

トイレ用の吸引カップもしくは真空式バキュームクリーナーでつまりを修理します。ビニールの中央に穴をあけビニールの穴に吸引カップなどを通し、ビニールでトイレ便器を覆ってやれば、つまりが飛び散らないで済みます。つまりを取り除くにはつまりを手前に移動させるように吸引することです。カップを押し当て引くときに力がかかるようにし、何度か繰り返すと、つまりが移動し、トイレの水が流れるようになります。

つまりが取れたようでしたら、バケツで水を少しずつ流し確かめてください。つまりが取れていないようでしたら、再度吸引しましょう。
(※注 トイレレバーで水を流すと、つまりが取れていない場合、水が溢れ出す恐れがあります。)
なおらない場合はトイレのつまり修理・中級編へ。

トイレのつまり修理の注意点

以上の方法でトイレのつまりを修理することができます
尚、修理を行なう際の注意点として、むやみにトイレの水を流さないことです。溢れてしまったら大変な事になってしまいます。またいったんつまりが直ったと思っても、再度つまりが起こる場合があります。そんな時は硬い異物がトイレ内につまり、紙を流せばその紙がつまると言った場合があります。そんな時は、トイレのつまり修理・中級編を試してください。又、節水のためにペットボトル等を沈め、トイレの水を流す水圧を下げてしまい、つまりの原因になっている可能性もあります。そのような方は、節水しても、トイレのつまりの原因にならない水道代節約グッズなどを検討してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP