排水管・パイプのつまり修理

DIY住まいの修理・リフォーム >> 排水管・パイプのつまり修理

排水管・パイプのつまりを自分で修理する方法を紹介しています。ここで紹介する排水管・パイプのつまりを修理する方法は、排水パイプを取り外し、分解してつまりを修理する方法を紹介しています。まずは市販の排水パイプのつまり洗浄薬を試してみて下さい。それでもつまりが取れないようでしたらこの取り外し・分解方法を行なって下さい。
一般的に洗面台やお風呂のつまりの原因は、髪の毛が多いです。その髪の毛によごれやぬめりが絡みつき、どんどんとつまりが大きくなって行きます。また、流し台のつまりの原因は油や、食べ物のくずなどです。これらが排水パイプにつまると悪臭の原因にもなります。こまめに排水パイプに専用のつまり洗浄薬を流し、重症になる前に予防することも、重要です。

排水パイプを分解する

排水パイプを分解するには、ウォーターポンププライヤーを使用します。あまり無理な力を加えると、破損しますので注意してください。
トラップ部に、ごみがつまりやすくなっています。
全ての部品をブラシなどできれいに洗い流しましょう。つまりが取れないときは針金などを突っ込みつまりを取り除きます。

排水管のつまりの場合

排水パイプがつまりの原因でない場合は、排水管がつまっています。床叉は壁面から出ている、排水管にワーヤー式のパイプクリーナーを突っ込み、つまりを修理します。ハンドルをまわしながらワイヤーを送っていきのがこつです。ワイヤーがつまりに当たり送りこみが重くなるとワイヤーを回転させつまりを引掛けます。逆回転させたり、押したり引いたりします。ワイヤーの先につまりが引っかかった様でしたら、ワイヤーを抜き取り、つまりを取り除いてください。

排水管・パイプのつまり修理の注意点

以上の方法で排水管・パイプのつまりを修理することができます
尚、つまり修理を行なう際の注意点として、排水パイプを分解すると、各部分に使われているパッキンが痛んで再使用不可能な場合があります。排水パイプを分解し、つまりを修理する際はあらかじめパッキンを購入しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP