扉の閉まる速度を調整

DIY住まいの修理・リフォーム >> 扉の閉まる速度を調整

このページでは玄関扉の扉に閉まる速度を自分で調整する方法を紹介しています。以前に比べて玄関の扉が閉まる速度が速くなって「ばたんと」閉まったり、遅くなってなかなか閉まらなくなったりしてはいないでしょうか?そんな時は、玄関扉に付いているドアチェックという部品の調整をします。扉の閉まる速度は簡単に調整できますので、試してみてください。
以下より玄関扉の閉まる速度を自分で調整する方法を紹介します。

ドアチェックの調整

扉の閉まる、速度を調整するには、扉上部についている、ドアチェックという部品を調整します。

ドアチェック本体部に、調整用のネジが付いています。マイナスドライバーを使用します。
(※注 物によっては調整機能が付いていない場合もございます。)

上側の調整ネジが第1段階の調整で、下側の調整ネジが第2段階の調整です。ネジは右に回すと遅くなり、左に回すと早くなります。はじめの位置より、2回転以上まわすと故障の原因になりますので、注意してください。また、調整ネジがきかない場合や、油漏れを起こしている場合は、ドアチェックの交換が必要です。
(※注 物によっては2段階の調整機能が付いていない場合もございます。)。

ドアチェックの調整の注意点

以上の方法で玄関扉の閉まる速度を自分で調整することができます
尚、調整を行なう際の注意点として、調整ネジのはじめの位置を覚えておいてください(マーカーなどでチェックしておく)。先にも述べた通り、あまり調整ネジを回しすぎると油漏れなどの原因となります。
以上の方法で改善されない場合は、ドアチェックの交換が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP