襖(ふすま)紙の張替え方法

DIY住まいの修理・リフォーム >> 襖(ふすま)紙の張替え方法

このページではふすま紙を自分で張替える方法を紹介しています。汚れてしまったふすま紙は、見た目にも悪く、部屋を暗い印象にしてしまいます。又、部屋をちょっとだけイメージチェンジしようとリフォームを考えた際、一番手軽にリフォーム出来るのが、ふすま紙の張替えです。襖紙の絵柄を変えるだけで、雰囲気ががらっと変わります。
ふすま紙の種類によって、紙のみでのりを着けて張る方法、水溶きのりが元々付いていて張る方法、アイロンで張る方法、粘着剤が付いていて張る方法の種類のふすま紙があります。
アイロン張りと粘着剤張りはきれいに仕上げるには、かなりのテクニックが必要ですのでおすすめできません。のり張りが一番簡単にきれいに仕上がります。
という理由で、ふすま紙の張替えは、のり貼りタイプをお勧めします。

襖(ふすま)の種類

本襖(折れ合い釘)
上下の枠は釘で止めています。左右の枠は折れ合い釘で止めており、スライドして外します。

本襖(打ち釘)
上下左右の枠は釘で止めています。枠に釘の頭が出ているのが見えます。

板襖
枠ごと一枚ものの板で出来ているので外すことができません。洋間と和室の間仕切りに使われています。

襖(ふすま)紙の張替え

ふすまの上下枠を外します。本襖の場合は釘止めしていますので、インテリアバールなどを使いこじます。
(注)板襖の場合は枠は取らずに張り替えます。枠にのりが付かないようにあらかじめ、枠にマスキングテープで養生します。襖(ふすま)本体が敷居から外れない場合は、襖(ふすま)と障子の修理を参照してください。

左右の枠を取り外します。ハンマーで軽くたたきスライドさせ外します。
(注)枠に傷をつけないために、ハンマーでたたく箇所は当て木などをしましょう。

引き手を外します。上下に釘を打ち付けていますので、インテリアバールなどで抜き取ります。

穴があいている場合は補修します。穴より大きめに茶ちりをきり、茶ちりの周囲1cmぐらいにのりをつけ、破れた箇所が覆いかぶさるように貼り付けます。

新しいふすま紙に、のりを塗ります。全体に満遍なく塗りましょう。
(注)ふすま紙の下にビニールシートなどを敷いておきましょう。

のりを塗ったふすま紙の上に、襖を置きます。先に片方の辺をのせ、ずれないようにそっと乗せていくのがこつです。

ふすまをひっくり返し、なでバケで空気を追い出します。中央から外に向かって追い出すのがこつです。
(注)紙がでこぼこした状態に見えますが、紙が伸びているせいなので乾けば張りが出ます。筋が入ったようなしわで出来ないように注意して下さい。

ふすま紙を再びひっくり返し、4角のはみ出した紙をカッターナイフでカットします。

はみ出しているふすま紙を折り曲げ、側面に巻き込みます。巻き込んでも尚、紙があまるようでしたら、はみ出した部分をカットします。

引き手の部分の位置を見つけ、切り込みを入れます。乾燥してからでは見つけにくくなります。
ふすま紙が乾燥すれば、元どうりに組み立て完成です。

ふすま紙の張替えの注意点

以上の方法でふすま紙の張替えを自分ですることができます
尚、ふすま紙の張替えを行なう際の注意点として、のりを全体的に塗った後、5分ぐらいふすま紙が放っておき、襖紙を伸ばします。又、襖紙の張替えは2人で行なったほうがスムーズにそして、きれいに張替え出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP