本文へスキップ

フローリングを自分で補修・修理する方法を解説しています。

フローリングの補修や修理の方法

フローリングを自分での補修や修理する方法

フローリング

フローリングは、年に1度くらいの割合でワックスをかけてやると、保護皮膜作用によって、傷がつきにくくなります。しかし、それでも物を落としたり、擦ったりして傷や陥没が出来てしまうことがあります。このページでは、そんなフローリングの傷や陥没を、DIYで補修する方法を紹介しています。


フローリングの傷を補修

フローリングの傷を補修するには、まず傷の程度を見ます。程度を見極めるには、水気を含ました雑巾などでなぞってみます。傷の程度が小なら、一時的に傷が消え、中程度なら、目立たなくなります。そして全く、傷が消えないなら重症と考えます。フローリングの傷の程度により補修のやり方が変わりますので、以下より説明します。尚、表面塗装やクリア仕上げのされていない無垢材のフローリングは、この限りではありません。


フローリングの傷の程度が小

フローリングの傷の程度が小の場合は、表面に塗られたワックスやクリアー塗料が剥がれてしまった場合です。部分的にワックスやクリアー塗料を塗って補修します。


フローリングの傷の程度が中

中程度の傷の場合は、クレヨンタイプのフローリング傷補修剤 で補修をします。まず傷の上からドライヤーを当て、補修箇所を温めます。そして、傷に対して直角にクレヨンタイプのフローリング傷補修剤すり込みます。すると、傷の中のほうまでまで入り込みます。後は、はみ出した補修剤を、柔らかいうちにヘラですきとり、布きれ等で拭き取ります。
フローリング傷補修剤の色選びは、補修個所の色よりも少し濃いぐらいの色を選びます。色が薄いと補修後にその部分だけ、目立ってしまいます。少し濃い色は木目と同調しますのでほとんどわからなくなります。


フローリングの傷の程度が大

フローリングの補修1

フローリングの傷が重症の場合は、パテタイプのフローリング傷補修剤で補修をします。まずは、スプーンの裏をギュッと傷の周りに押し当て、傷の周りの凹凸をなくします。そして、補修箇所のゴミや傷口に残った塗料などを取り除き下地を整えます。


フローリングの補修2

傷の回りにマスキングテープを貼り養生(ようじょう)します。パテタイプのフローリング傷補修剤を練り、傷に埋めていきます。時間をかけるとパテが固まってしまいますので、製品の使用上の注意をよく読んで作業をして下さい。

     
フローリングの補修3

パテ埋めが終わると、ぬらしたヘラで平らにならします。そしてそのまま、パテが固まるまで放置します。固まるには、24時間ぐらいが目安ですが、製品の使用上の注意をよく読んで下さい。

     
  フローリングの補修4

パテが固まると仕上げに、細かい紙やすりで磨きあげます。そして、消えてしまった木目を書き込みます。これは、ペンタイプのフローリング塗装用修正剤を使うと便利です。尚、エポキシタイプのパテを使った場合は、木目を書く前にフローリングと同色の着色が必要となります。これも、ペンタイプのフローリング塗装用修正剤を使うと便利です。


スポンサーリンク


関連ページ

・・・準備中
・・・準備中
★フローリング補修材を検索★

ソーシャル準備中


スポンサーリンク

スポンサーリンク