網戸の修理│網戸戸車の交換

DIY住まいの修理・リフォーム >> 網戸の修理│網戸戸車の交換

このページでは網戸の戸車を自分で修理する方法を紹介しています。網戸を開け閉めする際にひっかかたり、キーキーと音がなる場合、網戸の戸車が悪くなっている場合があります。まずは、網戸の戸車がレールから外れていないか点検しましょう。

又、網戸のはずれ止め部品が、こすっていないか点検しましょう。この2点に異常がなく、網戸がひっかかたり、キーキーと音がなる場合は、網戸を取りはずし網戸の下にある戸車を点検します。まずは戸車が戸車の収まっている隙間の奥の方に入り込んでいないか見ます。奥のほうに入り込んでいる場合は網戸サイドにある調整ネジで調整します。(物によっては調整ネジがない物もあります。)

ネジが上下に2本並んでいますので下側が調整ネジです。そして、戸車のすべりを確認します。戸車にゴミなどが詰まっている場合、つまよう枝などで取り除きます。以上の方法で修理できない場合や破損している場合は戸車を新品に交換します。以下より網戸の戸車を自分で交換する方法を紹介します。

網戸戸車の交換

網戸の図の位置にある、はずれ止め部品を外します。

ねじを回すことにより、網戸はずれ止め部品が動くようになります。1つの網戸で左右2つ、あります。
いったん、上に持ち上げ、下のレールから外し、下部を外向け斜め下に下げ、上部レールを外します。

網戸下部の戸車が納まっている隙間の深さ幅に注意して、戸車を購入し交換します。(古い戸車を取り外すことが出来ない場合は、取りはずさずに、新しい戸車を別の場所につけます。)

網戸戸車の交換の注意点

以上の方法で網戸の戸車を交換・修理することができます。尚、交換・修理を行なう際の注意点として、網戸の戸車を購入する際、全く同じものを手に入れるのは困難です。しかしほとんどの網戸に取り付け可能な戸車が売られていますので、同じ戸車を手に入れられない場合は、そういった戸車を購入しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP