水洗トイレの水が出ない・流れない

DIY住まいの修理・リフォーム >> 水洗トイレの水が出ない・流れない

「水洗トイレの水が出ない・流れない」時のトラブル修理方法です。「水が出ない・流れない」とは、トイレのレバーを回しても便器内に水が出ないトラブルの事です。よく起こるトラブルの原因として、節水の為ペットボトルをトイレタンク内に入れたり、便器洗浄剤をトイレタンク内に入れたりして、その物が引っかかって水が出ない・流れないなどのトラブルを起こすことがあります。それらの物がある場合はまず取り除きましょう。又、修理が必要な「水洗トイレの水が出ない・流れないトラブル」を自分で修理する方法を紹介しています。

トイレタンク内に水がある場合

AのトイレレバーとBのフロート弁のつなぎが、きちんと出来ているか確認します。外れていたり、切れている場合は修理します。

トイレタンク内に水がない場合

Cの止水栓が、閉まっていないか、確認します。しまっている場合は開きます。
Dの浮玉が引っかかっていないか、確認します。引っかかっている場合は、浮玉の支持棒を手で少し曲げます。
Eのボールタップが正常に動作しているか確認します。給水管は正常で、浮玉が下に下がっても、水が出ない場合は、トイレボールタップの修理・交換等の修理が必要です。

水洗トイレの水が出ない・流れない修理の注意点

以上の方法で水洗トイレの水が出ない・流れない時のトラブルを修理することができます。尚、修理を行なう際の注意点として、トイレタンクの上蓋は陶器製ですので見た目以上に重たく、狭い場所についているので持ちにくく落としたりすると割れやすいので注意してください。また、節水のためにペットボトルを沈めるのは、トイレの水が出ない・流れないトラブルだけでなく、トイレの水を流す水圧を下げてしまうことになり、つまりの原因にもなります。そのような方は節水しながら、トラブルを起さない水道代節約グッズなどを検討してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP