天井のリフォームと貼り方を紹介しています。

DIY住まいの修理・リフォーム >> 天井のリフォームと貼り方

天井のリフォームは、壁と同じようにクロス貼りと言った方法もありますが、天井にクロスを貼るのは 慣れていないと結構難しいものがあります。そんな天井のリフォームでロックウール天井材を使って比較的簡単にリフォームできる方法を紹介します。

天井下地の調査と作成

ロックウール天井材は、合板又は石膏ボードを捨て貼りした上に貼り付けます。下地板は1810×910mmで 厚みが合板の場合は4mm以上、石膏ボードの場合は9mmのものを選びます。現在の天井がクロス貼りの場合は、 古いクロスを剥せばそのまま使えます。その他の天井の場合、下地がどうなっているかを調べてみます。

一般的な天井の場合は図のようになっています。古いロックウール天井材や天井羽目板を剥した場合、 下地の捨て板が石膏ボードの場合は、下地ごと剥さなければいけませんので、下地から作り直します。尚、 天井と壁の見切り部分に回り縁が取り付けられている場合は、外しておきます。

基準線を出す

ロックウール天井材は300mm×600mmのサイズです。これを端から順に貼って行くと中途半端なサイズが 最後に貼らなければいけなくなりますので、左右を対照に配置するために、天井の中心線を寸法を測りスタート ラインに使う列のロックウール天井材をカットします。

天井材を貼る

1枚目の天井は右端からスタートします。2片の雌実部を手前側にくるように貼ります。ロックウール天井材 の裏面に木工ボンドを点状に塗り、雌実部にガンカッターでステープルを打って固定します。そして、壁側は仮 くぎを打ち、接着剤が効かします。

2枚目からは、実あわせを行い接着剤及びステープルで固定します。尚、壁側には仮くぎを打ちます。 2列目以降は、2辺を実合わせを行いながら貼って行きます。無理やりな力を入れすぎると欠ける恐れがありますので注意しましょう。

端部の処理

貼り終わり部分は、実あわせをする遊びがないので、実部分をカットして仮くぎで止めておきます。 尚、仕上げに回り縁を取り付ける際は壁際部分に少々隙間が空いても隠れるので、神経質にならなくても大丈夫です。

照明器具部分の処理

天井に取り付けられた照明は元の位置を確実に覚えておきます。そして一度配線を取り外し、 ロックウール天井材に穴をあけて通した後に、取り付けます。尚、配線を取り外す際は、必ず元ブレーカー を遮断してください。必ず、野縁材がある箇所に固定しましょう。尚、野縁材がない所に照明器具やローゼット を固定する場合は、ボードアンカーを使います。

天井のリフォームと貼り方の注意点

以上の方法で、ロックウール天井材をきれいに貼ることができます。天井のリフォームを行なう際の注意点として、 隅は少々隙間が空いても、回り縁で後から隠すつもりで行なうと良いです。下地の捨て板から貼る場合は石膏ボードを押さえる 人が必要です。石膏ボードのカットにはカッターナイフで強めに切込みを入れ、切込み箇所に力をかけて折ってやります。 そして切り口にヤスリがけをします。尚、粉がかなり飛びますのでマスクやメガネ等の保護具を着用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP