タイルの張替え方法

DIY住まいの修理・リフォーム >> タイルの張替え方法

このページではタイルを自分で張替える方法を紹介しています。お風呂や台所などのタイルにひびが入ってかけたり、落ちてしまったりしたタイルを部分的に張替える方法を紹介しています。

タイルを剥がして張り替える方法

タイルのまわりの目地

補修するタイルのまわりの目地を、先の細いタガネ等で、たたき落とします。

タイルをたがねでたたく

補修するタイルを、たがねでたたき、はがします。強くたたきすぎると、隣のタイルまで割ってしまいますので、注意してください。

下地を整える

タイルをはがした後の下地が平面になるように、たがねで整えます

タイルに接着剤を塗る

貼り付けるタイルの裏面に、エポキシ系の接着剤を、ぬります。

タイルをテープで止める

タイルを押さえつけるようにして貼り付け、テープで止めます。

タイルの張替え

接着剤が乾いたら、目地セメントを耳たぶぐらいの硬さに練り、付属のへらなどでぬりこみます。下地側に水を打っておくと、目地セメントの接着がいいです。叉、はみ出した目地セメントは、乾燥する前にぬぐっておきます。

タイル張替えの注意点

以上の方法でタイルの張替えを自分ですることができます
尚、タイルの張替えを行なう際の注意点として、接着剤をはみ出すほど塗ると、目地を埋める部分にまで入り込んでしまいます。目地に接着剤がはみ出した場合は、乾燥する前にあらかじめつまよう枝などで取り除いておきましょう。

関連ページ

Copyright (C) タイルの張替え方法 , All rights reserved.